About

Concept

about_icon.png

近年の創作物はありきたりだ、という声をよく耳にします。なぜなのでしょうか。理由は色々と考えられますが、ひとつに「コスト」の問題があげられます。

従来の紙を媒体とした商業出版では、かなりの制作コストがかかります。制作コストがかかるということは、その分収益を上げないといけない。となれば、出版物の内容は「売れる」見込みのあるもの、にテーマが絞られていきます。

思い切った企画は難しく、どうしても規格のはんちゅうを超えられない。プラットフォームありきのコンテンツ、ということになってしまいます。そのため自由度の高い作品は、内容は面白くても流通に乗ることができない。それらの理由で、自費出版を選ばざるを得なかった人も多いと思います。

出版コストを自費で賄えなければ、当然その選択肢もありません。そのせいで多くの作品が、人の目に触れられることなく眠っているのです。しかし本来、ものを書くという行為は、「伝えたい」という純粋な思いからくるものでしょう。

ひとりひとりの「伝えたい思い」が多くの人に伝わった結果、売れるという現象に発展する。それが「ものづくり」の、理想のかたちではないかと思います。

電子出版は作業コストを除けば、物質的な制作費用が非常に低い。したがって必ずしも「売れる」ことを条件に企画を立てる必要がないのです。今まで諦めていた「優れた内容だが万人受けはしない」というような作品も、すべての電子書籍プラットフォームでの商業出版が可能です。

ひとりひとりの「伝えたい思い」はそのままに、クリエイターがディレクションを行い出版物の形にします。

言葉は使い方によって、傷をつける武器にも、人の支えにもなれる、強いものです。言葉との出会いに、人は動き変わります。ひとりひとりの言葉との出会いを大切にし、作品を多くの人に届ける。電子出版はそれを可能にするツールだと思います。

クリエイティブディレクター 中村藍子



〒910-0063 福井県福井市灯明寺1丁目1301-2C
E-Mail:info[at]ae-sha.com
[at]=@

TEL /0776-28-5235
FAX/0776-28-5234

有限会社ドゥ・カンパニー
DoCompany出版
代表取締役 春貴政享